Background Image

次世代遠隔監視システム

ソルジアスーパービジョン

O&Mにおける課題

maintenance

異常の特定をするために現場まで駆けつける必要があり、目視では異常箇所の見当がつきづらいなどメンテナンスの効率が悪い。

Time

パワーコンディショナーが自動停止しても気付かないなど、定期点検では発電ロスにつながる異常の発見までに大きなタイムラグが発生する。

Cost

定期的な点検では一時的な出力低下と経年劣化、異常の判別ができず、結果的に異常がなくても費用が発生するなど費用対効果が低い。

Data

草刈りの頻度やモジュール洗浄の必要性など、数多くあるO&Mサービスの中から、最適なものをどう選べば良いかわからない。

ソルジア・スーパービジョン

発電所不具合の解消を迅速に低価格で

太陽光発電所を運営する上で発生する様々な変化やリスクに対応するためには、適切なO&Mが必要不可欠です。
しかし、定期的な点検ではリアルタイムに発電ロスを把握できないなどの課題がありました。
また、単純なモニターとしての役割を果たす監視システムを導入して異常を検知したとしても、
原因を特定するのにコストと時間を要し、その間は発電ロスも発生します。
長期運用ではわずかなロスが収益を大きく左右するため、より効率的なO&Mを行うことが重要です。
SOLGIA supervision
Page Top